: 伝統芸能 のトラバ

46件ヒットしました

ご自身のブログで書いた和に関連する記事をカテゴリにトラックバックして、記事をみんなに宣伝できます。

※注意: トラックバックをするにはワノコトにユーザ登録(無料)をして、あなたのブログのURLを登録する必要があります。ブログの登録はこちら。

表示している内容

カテゴリー トラバ

伝統芸能

 

順序: 投稿日 / 人気

 

ついに手に入れました^^♪

投票

628Pt

ほのか

11月27日 12:26

 
 

和風な暮らしコミュニティ- ワノコト ←和に関するブログが満載です★     先日よりずっと欲しがっていたコレやっと手に入れましたv(^-^)v 雅楽師の東儀秀樹さんが吹いている篳篥!! よりずっと安い樹脂製の篳篥ですo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪   本体とリード

 

清風亭の対決、新しい日本への橋渡し

投票

531Pt

竜馬がゆく

10月09日 00:17

 
 

龍馬伝 40話 清風亭の対決 馬関の一件で、ますます坂本龍馬へのマークがきつくなる。 長崎奉行 朝比奈昌広は「あやつは今や幕府に逆らう重罪人だ! わしが居る限り2度とこの長崎の地を踏むことはゆるさん!」と 息巻き、お元にも龍馬を見つけ次第、報告するように言

 

馬関の奇跡、奇跡を起こさんと、日本はのうなってしまうがじゃ

投票

365Pt

竜馬がゆく

10月01日 23:18

 
 

龍馬伝 39話 馬関の奇跡 最終章 第4部スタート。 まず、お馴染の岩崎弥太郎の語りからスタート。 新聞記者が坂本龍馬を英雄にしているのに腹を立て、怒り散らして 見せるも、母上から「お前があるのも龍馬さんのおかげ、 龍馬さんが何をしたのか伝える義理がある

 

霧島の誓い、わしが日本を引っ張る!

投票

370Pt

竜馬がゆく

09月25日 00:58

 
 

龍馬伝 38話 霧島の誓い 慶応2(1866)年3月10日、坂本龍馬とお龍は、薩摩に到着する。 約3ヶ月ほど、龍馬は養生と薩摩を旅することになる。 龍馬が霧島山に登ると聞いたお龍は「うちも連れいって!」と、 頼んだが、龍馬は「そりゃ無理ぜよ!霧島山は女人禁制じゃき

 

龍馬の妻、希がわしを生かしてくれちゅう

投票

327Pt

竜馬がゆく

09月16日 12:12

 
 

龍馬伝 37話 龍馬の妻 寺田屋で京都見廻組に襲われ、大怪我を負った坂本龍馬。 三吉慎蔵、お龍、薩摩藩に助けられ一命を取り留める。 お龍の献身的介護により徐々に体調も回復へと向かう。 そして、木戸(桂小五郎)が作成した薩長同盟の盟約書に、 龍馬は、まだ不

 

寺田屋騒動、生涯の友と妻

投票

344Pt

竜馬がゆく

09月08日 00:25

 
 

龍馬伝 36話 寺田屋騒動 ついに寺田屋騒動ですね。さすがに今回は手は抜けないみたい。 岩崎弥太郎の薩摩偵察はばればれでしたね。しかも、寝言。 相変わらず、今のところはダメダメな弥太郎。どこかの 財閥系企業からクレームものですね。そして、土佐藩の時代遅れ

 

薩長同盟、日本の為に、粉骨砕身尽力する

投票

376Pt

竜馬がゆく

08月30日 22:34

 
 

龍馬伝 35話 薩長同盟ぜよ 弥太郎は相変わらずでしたね。 なんか、扱いが可哀想な気もしました。 慶応2年(1866年)1月、桂小五郎は木戸貫治と名を変え、京に入り、 薩摩藩邸を訪ねた。しかし、出入り自体は京都見廻組に察知されていた。 西郷吉之助は開口一番、

 

近藤長次郎、とんでもないことをしてしもうた~

投票

358Pt

竜馬がゆく

08月24日 01:12

 
 

龍馬伝 34話 侍、長次郎 上野彦馬写真館で、亀山社中の面々は白袴で写真をとります。 近藤長次郎としては、気が進まないのですが、坂本龍馬始め他の皆は、 大乗り気で、ユニオン号の買い付け記念ということで、パチリ! 皆、息止めてましたね。あの頃から「魂が抜かれ

 

私心があっては、志とはいわんけんの~

投票

364Pt

竜馬がゆく

08月17日 23:23

 
 

龍馬伝 33話 亀山社中の大仕事 ついに、西郷吉之助を説得した坂本龍馬。 長州の桂と高杉宛てにそのことを手紙に書きます。 そして、長崎に帰った龍馬は、グラバーと交渉するも 薩摩の財力を見透かしているグラバーは商人をなめるなと 怒ってしまう。小曽根に相談

 

狙われた龍馬、助けたお龍

投票

345Pt

竜馬がゆく

08月09日 23:47

 
 

龍馬伝 32話 狙われた龍馬 弥太郎は、高知の山奥できこりを使って楠探しをしていたんですね。 父親は絶好調の材木商売を邪魔されて起こるも、喜勢が 後藤象二郎は出世するかもしれないのでとりいったほうが得といい、 その場を和ませていました。 坂本龍馬と中岡

 

« 前のページ12345