ワノコト

和風暮らしで、つながるライフ

 
nzotさんの和のコト
 
 
 

NZの中での和のこと 花魁編


自分の宣伝だけのことしか考えていなかったけれど(苦笑)、海外に住んでいる者として、海外での「和」というものがどういうものか、どういう風に紹介されているか、というのも写真を交えて書くのもいいかと思い、書こうと思っているところです。

そんなにネタがないので、すぐに終わってしまうかもしれませんが(苦笑)、興味のある方はどうぞ。

僕が住んでいるのは、NZの第一都市Auckland。

NZの中で人口が一番多い(全人口の1/4の130万人ほど。首都のWellingtonよりはるかに多い)だけあって、日本人も多く住んでいるし、日本の文化を紹介するというイベントもある。

そういうイベントを通して、僕が撮った中で、華やかだな、というのがこれ。

2007年9月8日に、Auckland Museumで開催された「Taste of Japan」という日本を紹介するイベントでの一コマ。

日本から、花魁の衣装を持ってきて、こうやって多くの人の前で紹介されたのである。
モデルもわざわざ日本から来て頂いたようだ。

まずは、舞台上で。

その後、外で練り歩き。

花魁の衣装を間近で見たのはこの時が初めて。
日本ではなく、NZで見ることになろうとは思ってもみなかった。(笑)

こういうのを見て感動できるって、日本人でよかったなぁ、と思うのである。

 

この和のコトを評価

 

ソーシャルサイトで共有

 

コメント

 

コメントはまだありません