ワノコト

和風暮らしで、つながるライフ

 
歳時あそびスタッフ明子さんの和のコト
 
 
 

碁盤からジャンプ!七五三 男児「袴着の儀」


556

2011/11/11 22:41
 
 
  •  

碁盤の目のように筋目正しく、勝負に強く、自分で道を切り開いていく人に育つことを願う儀式だとの事です。
碁盤の足は、ある植物の実を表しています。
くちなしの実です。
勝負の世界に口はいらないんだそうで、かっこいい男社会!
碁盤も一欅庵にあるし、くちなしもお庭に生えています。
「くちなしの実がわからない」と言えば、すぐ出てくるのです。

歳時あそび 七五三についてのレポート
http://blog.livedoor.jp/saijiasobi/archives/51768415.html#more

 

この和のコトを評価

 

ソーシャルサイトで共有

 

コメント

 

コメントはまだありません