: 日本の旅・観光

178件ヒットしました

表示している内容

カテゴリ: 日本の旅・観光 [x]

 

順序: 最新記事 / 人気

 

3月は皆で岐阜城に行きます!

あの戦国の現場へ行こう!

 

私が講師を務める愛知ウオーキング城巡り倶楽部(AWC)の3月の見学会は、織田信長ゆかりの岐阜城です。今回が初の県外見学会ということで、半日くらいの日程ですが、今から非常に楽しみにしています。あなたはもう、AWC参加していますか?AWCは愛知県西尾市発祥の会で、奇数月の土曜、もしくは日曜日に城[…]

0ビュー / 18ポイント

 
 

城跡の天守再建、賛成?反対?安土城の再建へ調査で考えてみる

あの戦国の現場へ行こう!

 

滋賀県の三日月大造知事が、近江八幡市の安土城について、再建を目指して調査を開始する事を明らかにしました。詳しくはこちら⇒ 産経ニュース安土城は戦国時代に織田信長が築城し、国の特別史跡や日本100名城にも指定されている城です。記事によると2020年大河ドラマ・「麒麟がくる」で戦国時代に注目が集[…]

0ビュー / 21ポイント

 
 

大坂に徳川幕府ができるハズだった?!大阪城天守閣で「大坂幕府構想」の書状公開

あの戦国の現場へ行こう!

 

大坂に徳川幕府が移転するかもしれない…そんな書状が発見されました。書状は小堀遠州が義父・藤堂高虎に宛てたもので、「大坂はゆくゆく御居城にもなさるべきところ」という記述があり、【御】が付いていることから徳川秀忠、または家光が居城とする可能性を指摘したものです。実はこの大坂幕府構想、今回が初めて[…]

0ビュー / 18ポイント

 
 

美濃岩村城周辺を伐採して得られる3つの利点とは

あの戦国の現場へ行こう!

 

日本三大山城のひとつで、女城主の城として有名な岐阜県恵那市にある岩村城跡が、本丸周辺から城下町を眺めることができる様、周辺の木を伐採しました。>>詳しくはこちら | 中日新聞また伐採した木の中から、名古屋城天守用の木材も確保したそうです。このニュース見て、私は少なくても3つのメリットがあると[…]

0ビュー / 20ポイント

 
 

三重県の伊勢田丸城が天守再建!と思ったら…

あの戦国の現場へ行こう!

 

続日本100名城に認定されている、三重県の伊勢田丸城に行ってきました!久しぶりの田丸城登城なのですが、本丸に行くとなんと天守が再建してある!!!でも?なんか、デパートにありそうな子供が遊ぶ、ふわふわドームみたいな天守ですね…なんと!イルミ用の天守だったとは…どうやら田丸城は12月~1月にかけ[…]

0ビュー / 22ポイント

 
 

静岡県の城を巡る時にオススメの本!今川氏の城郭と合戦

あの戦国の現場へ行こう!

 

城巡りをしていて思う事は、いろんな準備が必要だな~という点です。また資料や地図など、いろんな下調べが重要ですよね。でも今日はそんな城巡りでも、重要な本を先日購入したので、シェアしたいと思います。それが、今川氏の城郭です。この本は縄張り図付きで、静岡県の今川氏関連の城を紹介しています。私の感想[…]

0ビュー / 25ポイント

 
 

謹賀新年

◆祭歳時記

のりちゃん@Thank's。

01月08日 16:22

 
 

遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます本年もよろしくお願い申し上げます❤️(^_^)v愛(^_^)v感謝 Galaxyスマートフォンから送信

0ビュー / 21ポイント

 
 

愛知ウォーキング城巡り倶楽部で尾張大野城、大草城の見学会!

あの戦国の現場へ行こう!

 

私が講師を務める愛知ウォーキング城巡り倶楽部(AWC)で、知多半島の尾張大野城、大草城の見学会に行ってきました!>>愛知ウォーキング城巡り倶楽部の詳細新年早々城巡りですね♪常滑市の大野城は、戦国時代に知多半島に勢力を持っていた佐治氏の居城跡で、佐治氏は水軍を持っていました。大野城は伊勢湾に面[…]

0ビュー / 24ポイント

 
 

小谷城主・浅井長政に側室がいた!知られざる戦国エピソード

あの戦国の現場へ行こう!

 

新年明けましておめでとうございます!あなたはどんな元旦をお過ごしですか?私は親戚が愛知県一宮市にいるので、元旦は親戚廻りでした。また私が講師を務める、愛知ウォーキング城巡り倶楽部の見学会が1月5日にあるので、一宮市から帰ってからその資料作りで必死です(笑)ともあれ、今年もよろしくお願い致しま[…]

0ビュー / 21ポイント

 
 

これが元祖きしめん!?刈谷市のいもかわうどん

あの戦国の現場へ行こう!

 

今日は食べ物のオハナシ。名古屋名物・『きしめん』は、いきなり考案されたわけではなく、ある食べ物がもとになったといわれています。それが、いもかわうどん(芋川うどん)です。つまり、【いもかわうどん】という食べ物があって、それが後に【きしめん】に進化?したのだとか。そのいもかわうどんを刈谷市で食べ[…]

0ビュー / 27ポイント

 
 

67891011121314