「愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!」の最新エントリー

5件ヒットしました

表示している内容

「愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!」の最新エントリー

 

順序: 最新記事 / 人気

 

坂井屋敷(さかいやしき)

愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!

 

坂井屋敷(さかいやしき) 戦国時代にこの地に居住した土豪・坂井氏の屋敷跡です。初代・文助は、信長・信雄・秀吉に仕えて道中奉行を務め、二代目・利政は尾張藩主に仕えて船奉行となりました。三代目・利知も船奉行となりましたが、事故でお家断絶。その後は三河国(愛知県東部)へ移り、眼病の医者になったそう[…]

0ビュー / 32ポイント

 
 

三宅城(みやけじょう)

愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!

 

三宅城(みやけじょう) 信長の鉄砲師範(先生)・橋本一巴を輩出した、橋本一族の居城のひとつ。橋本氏はもと南朝方の武将で、代々『伊賀守』を名乗り、片原一色城(稲沢市)を本拠にしていました。その本拠地を取り巻くように、井堀城・矢合城・儀長城・そして三宅城を配置し、一族のものを城主とし、このあたり[…]

0ビュー / 23ポイント

 
 

勝幡城(しょばたじょう)

愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!

 

勝幡城(しょばたじょう) 築城したのは織田信定。この人は信長のおじいさんにあたる人です。信長の父・信秀は、武勇の誉れ高く、今川氏豊の那古野城を攻めて奪取。更に末森城、古渡城を築きました。織田氏が信秀から信長へと移り変わりの時に、勝幡城も廃城になりました。規模は東西約87m、南北役127mで、[…]

0ビュー / 21ポイント

 
 

山崎城(やまざきじょう)

愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!

 

山崎城(やまざきじょう) 秀吉に仕えた徳永秀昌の居城と伝わります。別名『徳永城』。近江出身と伝わる秀昌は、賎ヶ岳の合戦にも出陣し、後に美濃松長城二万石を賜り、秀吉死後は家康に従い、高須城六万石を賜りました。かつての山崎村本郷の城山神社東隣に老杉があり、その場所が徳永氏のお城跡と伝えられてきまし[…]

0ビュー / 19ポイント

 
 

祖父江城(そぶえじょう)

愛知のお城・戦国武将ゆかりの地を歩く!

 

祖父江城(そぶえじょう)文正元年(1466)に祖父江久豊が築いたと伝わる祖父江城。子孫は福島正則に従い、軍功により西島・竹腰(ともに稲沢市)を与えられ築城して移り住みました。しかし慶長十九年(1614)大阪冬の陣の時、大阪方に内通して露見、祖父江家は断絶しました。その後、赤目城(現・愛西市)の[…]

0ビュー / 24ポイント

 
 

« 前のページ次のページ »