: 総合ランキング

19件ヒットしました

表示している内容

キーワード: 京都 [x]

 

順序: ランキング / 登録日

 

1位 むかしむかしスタッフによる裏話ブログ

IN: 68pt

OUT: 33pt

 

むかしむかしスタッフ

ブログ

0ユーザ

 

京都の和柄カジュアルブランド「むかしむかし」のスタッフによるブログです。取り扱いアイテムの説明、お客様との交流話、スタッフの日常などを綴っています。

 京都  和柄  Tシャツ  むかしむかし

 
 

2位 そうだ、京都に居た! KyotoZENのブログ

IN: 33pt

OUT: 32pt

 

KyotoZEN

ブログ

0ユーザ

 

地元京都を再発見すべく、ぶらり 京都散策の旅を書きたいと思います。京都に訪れる人のためになるよう様なブログを目指して書きたいと思います。また京都を素材にものづくりをしていこうと考えています。現在は手描き京友禅を使った作品作りに取り組んでいます。

 風呂敷  京都  和柄  Tシャツ

 
 

3位 鞠小路日記

IN: 33pt

OUT: 28pt

 

chii

ブログ

0ユーザ

 

京都市阪急河原町駅すぐの着付け教室 鞠小路スタイル の講師の日記

 着物  京都  着付け教室  着付

 
 

4位 きもののお仕事(若手)

IN: 32pt

OUT: 19pt

 

きゅう

ブログ

0ユーザ

 

京都市内の呉服問屋で起こる着物の仕事の事を日々載せています!仕事とは関係ない内容も度々ありますが・・・きものが好きな方、興味のある方、そうじゃない方、お気軽に見ていってください♪

 着物  京都  きもの  和装小物

 
 

5位 京都古布保存会サイト

IN: 31pt

OUT: 24pt

 

wakamurasaki

サイト

0ユーザ

 

NPO法人京都古布保存会の公式サイトです。和の布や着物についての情報を掲載しています。

 着物    京都  古布

 
 

6位 月のいろ

IN: 31pt

OUT: 22pt

 

月のいろ

ブログ

0ユーザ

 

京文化のエッセンスや文人たちの足跡を残す京都・高瀬川のほとりにございます、「月のいろKYOTO・TAKASEGAWA」のスタッフによる着物ブログです。 日常の中での「きものアーバンスタイル」、「和装によるセレブリティ」・・・。 和装スタイルを都市生活の中での優れた新鮮なファッションとしてご利用いただくために、和装美を追求する染織アーティストたちとのコラボレーションを計りながら、伝統の中にもワールドワイドな美意識をちりばめた、和モダンのライフスタイルをご提案するコンセプトショップです。

 着物  京都  着付け  和装小物

 
 

7位 日本よきもの本舗

IN: 29pt

OUT: 18pt

 

Ipponmichi

ブログ

1ユーザ

 

日本には今も昔も誇るべき宝物がたくさんあります。日本の「よきモノ、よきヒト、よきコト」を お金で買えるものから買えないものまで、古くから続くこと、ニュースなど独断と偏見でセレクトしてお伝えします。

 神社  祭り  日本建築  和食

 
 

8位 京都『祗園屋』通信

IN: 27pt

OUT: 33pt

 

祗園屋

ブログ

2ユーザ

 

暮らしにうるおいと気品を 日本に受け継がれてきた伝統の技、文化。 何気なく過ごしている私たちの身の周りにふと目を向けてみると、その日本の技に生み出されたモノに今もなお、囲まれて生活していることに気づきます。 現代の日常生活の中に“和”を取り入れ気楽に“和”に親しんでほしい。 そんな想いから祗園屋は『和をつかう』をコンセプトとしています。 『和をつかう』とは和を非日常的ではなく、日常の生活の中により使っていただくことで、暮らしの中の彩りをより多く感じていただけるようにという意味がこめられています。

 京都  きもの  和雑貨  和装小物

 
 

9位 京都モトクラシー・ツアーズ

IN: 26pt

OUT: 32pt

 

うにくん+

ブログ

0ユーザ

 

このブログは、単なる京都散策でなく、普段は見落としがちな、いわゆる灯台下暗し(モトクラシー)的な物に目を向けようという趣旨で開設しました。が、実際にはあまりモトクラシーな内容は書けてませんが。

 着物  京都  ブログ

 
 

10位 日本の伝統を物作りする『オスティア・ジャパン衣』

IN: 26pt

OUT: 30pt

 

コロモ

サイト

0ユーザ

 

幾層にも「時代」が降り積もり 「文化」が重ね織られた京都。 ここ京都で生まれ、育まれた『衣』。 古くから伝わる“伝統の技”“先人達の知恵”を、 ひとつの“服”という形で表現する 『衣』の物作り。 職人・作り手たちの“想い”が込められ、 生み出された物が『衣』となります。 そして、手にした人と歴史を歩んでほしい。 世紀を超えて色あせない ジャパンブルー藍の様に。

 着物  工芸    アンティーク

 
 

« 前のページ12